男性器の健康や不調について考える

男性自身

男性器の健康とはどういう意味ですか?

多くの人が男性器の不調について懸念する時、性病としての性的感染症(STI)や勃起不全(ED)について心配されるでしょう。

これらの症状は確かにあなたの男性器の健康を害します。

生活習慣、ライフスタイルの変化、潜在的な病気などの健康状態など、男性器に影響する可能性は様々あります。

男性器の病気で影響を受けるものは何ですか?

多くの異なる症状が健康に与える可能性があります。そして「男性器の健康」とは次の意味をします。

  • ・快適に排尿する能力
  • ・勃起し維持する能力
  • ・生殖能力

男性器の健康には、陰茎がんや性感染症などの特定の病気を回避する事も含まれます。

次の要因があなたの男性器自身の健康に影響を与える可能性があります。

ホルモンバランスの不均衡

EDは根本的な原因はテストステロンのレベルの低下やホルモンの不均衡などによって引き起こされてるようです。
テストステロンの低下は、様々な要因によって引き起こされる可能があります。

加齢によるもの

テストステロンのレベルが年齢と共に自然に低下する傾向

加齢とともに、EDのような勃起力低下、不全を経験する可能性が高くなります。これはテストステロンのレベルが年齢と共に自然に低下する傾向があるためです。

基本的な健康状態

高血圧、糖尿病など特定の神経学的に聞いする要因がEDを引き起こす可能性があります。

不安やうつ病など精神的なストレスがEDを悪化させる可能性があります。

セックスによる感染

性感染症増加の主な要因

男性は概してコンドームなしでセックスをしたい傾向がありますが、コンドームの目的は避妊だけではありません。
パートナーのどちらかでも性病を持っていれば、お互いに感染し性病を広める可能性もあります。
あなたとパートナーは定期的に性感染症の検査を受けるか、性感染症のない人と性行為をするようにして下さい。

そうでなければ、セックスをするたびにコンドームを正しく使用するが、感染リスクを減らす唯一の方法です。
乱暴な出血を伴うセックスもあなたの男性器に害を及ぼす可能性もあります。
例えば男性器の皮を急速に戻したり乱暴に扱うと皮が避ける可能性があります。
また、誤って勃起した陰茎を曲げたり、曲がってしまう体勢での性交渉は、男性器に強い外的圧力加わり「陰茎折症」など男性器が損壊してしまう事もあります。

投薬

服用中のお薬によってはEDが発症する可能性を高めます。あなたが何かお薬を服用中の場合でEDの症状を感じる場合は医師に相談してください。

衛生面での問題

男性器を不衛生な状態で放置する事は健康上の問題があります。
男性器と鼠径部(そけいぶ)などの男性器周囲は頻繁に洗い清潔に保ちます。

衛生状態の悪化は包皮(包茎の人は特に)内に発生しやすく悪臭の元、刺激的な物質の恥垢(ちこう)が蓄積する可能性があります。
恥垢(ちこう)が蓄積すると、皮膚が炎症を引き起こしやすくなります。

陰茎の男性器自身や亀頭(きとう)の部分が赤くなる炎症を起こす亀頭炎の原因にもなります。
包茎でない男性器であっても不衛生な状態は亀頭炎を含む男性器の炎症を引き起こしやすくなります。

男性器の健康状態を一般的な保つヒント

男性器の健康は全般的な対応が必要です。言い方を変えれば、あなたの全般的なお体の健康の側面は男性器の健康にとっても重要です。
様々な健康状態があなたの生殖能力、快適なナイトライフに影響を与える可能性があり重要になっています。

水分補給を忘れない

水分補給は、あなたの健康全体と男性器の健康にとっても大変重要です。
脱水症状もEDに影響を与える可能がありますので、1日約2リットル以上の水分を補給するようにして下さい。

バランスの取れた食事

バランスの良い食事

栄養バランスの食事はED(勃起不全)の引き金となる糖尿病や心臓病を発症する可能性を減らします。

2016年の調査では、2万5千人からの被験者を対象として実施したEDとフラボノイドの関係を調べました。
自然界にあるフラボノイドは主に野菜や果物に含まれています。

研究結果としては、フラボノイドを定期的に摂取している被験者はED及び糖尿病と心血管疾患のリスクが低いデータ結果となりました。

以下のような食品もあなたのテストステロンのレベルを高める助けとなり、勃起力低下を改善するかもしれません。

  • ・ほうれん草(葉酸は血流を促進、マグネシウムがテストステロンを高める)
  • ・コーヒー(カフェインは男性器の動脈の血流を改善)
  • ・香辛料(カプサイシンはエンドルフィンを放出)
  • ・アボカド(テストステロンを改善する亜鉛、精子によりビタミンE供給)
  • ・人参(カロテノイドは精子を向上)
  • ・オーツ麦(アミノ酸が血管を弛緩させ血流促進)

定期的に運動をする

定期的な運動

適度な運動はEDの可能性を減らす事が出来ます。

在宅ウォーキングプログラムは、急性心筋梗塞の男性の勃起不全を改善します」の研究では、在宅勤務者の心筋梗塞の男性を対象に試験を行ったところ、ウォーキングがEDが改善する事が分かりました。

少なくとも週に数回はウォーキングなどの運動をしてみてください。頻繁に散歩する事で男性器の健康を改善する事が出来ます。

骨盤底筋群運動の実践

骨盤底筋群運動

骨盤底運動はしばしば女性の膣の締りを良くする運動とも関連しています。これは全ての人に役立つ可能性があります。

この運動は勃起力の向上だけでなく、残尿による下着を汚す事も防ぐことが出来ます。
EDの55人を対象とした2005年の研究では参加者の40%が正常な勃起機能を取り戻すのに役立ったことが分かりました。

更に35.5%が正常な勃起力を回復できなかったものの、全体的な勃起力向上には貢献したと報告されました。

排尿にしようする筋力(おしっこを我慢する感じ)を鍛える運動は、5秒間力みリラックスし、10ラウンド繰り返します。
最終的には、最大20回まで運動を続け、これを1日2,3回行います。

ストレスをためない

ストレス管理をする事で、あなたは全体的な健康とあなたの男性器の健康にとって役に立ちます。

ストレスや不安を感じに難い人には無縁かもしれませんが、これらは性的能力は勃起力に影響を与える可能性が有ります。
EDだけでなく、射精までの時間が早い早漏なども関連しており、命に関わる血管疾患を発症する可能性を高めす。
突然死などの心臓病の疾患なも関連してきます。

ストレス管理の手法には以下のようなものがあります。

  • ・深呼吸(瞑想など)
  • ・恋愛をする(愛する人と過ごす事の幸福感)

深い睡眠

睡眠は血管の健康にとっても重要であり、勃起力に影響します。
閉塞性睡眠時無呼吸とEDには関連があるようです。おそらく、睡眠不足がストレスを受け、テストステロンの低下やその他のホルモンの不均衡につながる可能性があるためです。

喫煙を避ける

愛煙家は一番聞きたくない事でしょうが、喫煙がED(勃起不全)に関する2013年の研究では、喫煙が心臓の自律神経機能を破壊し、それがEDにつながるためである可能性があるようです。喫煙は勃起力の低下を進める可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました